日本キリスト教団 芦屋山手教会のブログ

                      ここに教会があります。 どなたでもお越しください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

芦屋山手教会へようこそ!

芦屋山手教会は 芦屋市 大原町にある キリスト教の教会です。


011.jpg


1922年 甲陽幼稚園が設立され、
翌1923年より「日本メソジスト芦屋講義所」として教会活動を開始しました。
現在の「芦屋山手教会」に改名したのは1941年。
実に創立以来90年間、この芦屋の地に、建ち続けています。


幼稚園を併設している教会として 朝にはこどもたちの声があふれ、
夜にはステンドグラスを照らし、JR芦屋駅北側の住宅地に帰宅される方々を迎えています。
そしてもちろん、毎週日曜日には、
 こどもから大人まで、神様と触れ合うひと時 「礼拝」 を守っています。


聖書にはこうあります。

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。
休ませてあげよう。」
    (マタイによる福音書11章28節)

現代社会の中で、「疲れ」は単に体の疲れだけではありません。

多くの責任を担い、他者との関係で傷つき、心ふさぎこんでしまう人。
親しい存在との別れを経験し、日々、悲しさと寂しさの闇から抜け出せない人。
将来に不安を思い、自分がいま生きていることの意味や可能性を見いだせず、たましい病んでしまう人。

この時代に生きるわたしたち それぞれが他の誰にも言えない重荷を担い、疲れているのかもしれません。


だからこそお伝えしたいのです。

  ここに教会があります! と。


     教会はあなたと神様とが出会う場所です。


自分ではもちろん 他者との関係の中で 答えの出ない疑問を
神様だったら答えてくれるのでは…
  そんな思いを持たれた方 教会の門をくぐってみませんか?

日曜日の礼拝で 神様の前に立った時
 きっと神様からの語り掛けに気付くはずです


     教会はあなたのためにあります。


  礼拝の案内はこちら (←クリックすると礼拝案内がご覧になれます)
スポンサーサイト

| 教会紹介 | 15:36 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/08/17 14:41 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/01/31 16:44 | |

Re: 本日はありがとございました

赤松様

確認が遅れてすみません
ブログのコメントはなかなか目を通さないもので・・・

yamate.imu★gmail.com

★部を@ に変えたものが 私のメールアドレスとなります。
どうぞよろしくお願いいたします。


受難節の歩みに 主の憐れみがますます豊かでありますように


いむ

| いむ@芦屋山手教会 | 2016/02/17 18:00 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/22 16:09 | |

林昌利先生、お久しぶりです。河口雅之です。
先生は以前、武士になりたいと言われた意味が今わかりました。
「愛とは、命を捨てることと見つけたり!」一ヨハネ3;16
これは、
「武士道と云うは死ぬことと見つけたり」とつながりました。
日本人は本来、キリスト教と相性がいいのではないでしょうか。
新渡戸稲造といい、内村鑑三といい、武士道とキリスト教を結び付けた偉人が数多くいたのはそのためではないでしょうか。
現代日本人が武士道を忘れたがゆえにキリスト教と疎遠になった。
そのように思えてなりません。
洗礼式で「兄弟姉妹のために命を捨てるか?」と問えば、
おそらく誰も洗礼を受けないでしょう。
武士道と同じく騎士道においても同じ状態でキリスト教が世界的に低迷しているように思えてなりません。
武士道をもって覚醒運動を起こせれば思いついついメールしました。
明日組会で発表しようと思いましたら風邪をひいてしまいましたもので。
「花は桜木、人は武士」失礼しました。

| 河口雅之 | 2017/04/27 17:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ashiyayamate.blog.fc2.com/tb.php/4-2c49aff7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT